html5テンプレートで無料ホームページ作成

審査に備えて-審査に通るためには

  • 近年インターネットの高速化が急速にすすんできているために、ネット通販を利用する場合などにはとても便利な時代になってきました。


    しかもネット通販の場合には、支払い方法にクレジットカードを利用すると決済が寸時に行われるので、その分商品の発送が早まるということもあって有り難いと思うことがよくあります。
    その上カード利用代金の支払期日までに、本来現金で支払わないといけない商品代金をストックしておくと、支払いにも困ることもありません。
    そうしたクレジットカードのメリットを考えると、カードを取得したいと思っている方も年々急増しているのではないでしょうか。
    ところで、そのように便利なクレジットカードを欲しいという思いとは裏腹に、カードを申込む際には、必ずと言っていい程与信審査と呼ばれるカード会社側からの申込み者への審査が付きまとうことになります。
    こうした審査がどうして行われるのかということを、申込む側が理解しておくことも審査に通るためには大切なことです。

    何故ならば、ただ単にクレジットカードは便利だから申込むといった短絡的な願望で申込む方はおられないかもしれませんが、カード会社にとってみれば、カードを取得してもらった後の商品立て替え代金やその手数料を確実に回収しないと、カード会社にとっての利益がないということを理解しておくことも大切であると言えます。
    そこで、クレジットカードを取得するための申込みの際には、本人情報を証明するための免許証やパスポート・健康保険証などの提示を求められます。
    従って、住所が提出した証明書と同じでないといけないし、万が一申込み書に記入した住所と証明書との住所に違いがあると、当然のことながら審査には通らなくなってしまいます。 あるいは、収入の面においても毎月確実に安定した収入のある方に対して、たとえ収入が大きくても不安定な収入の場合とでは審査通過にも違いが出てくると言えます。
    また、今流行の携帯電話についても携帯電話を持っているということは、毎月の電話代金を確実に支払っているということの証明にも繋がります。

    そして固定電話に関しても、固定電話があるということは居住場所が不特定でないという証明になります。
    従って、カード申込みの際には携帯電話と固定電話の両方を書いた方が、審査を通るためには大切な事柄であるということになります。
    また、カード会社の申込み条件欄にはアルバイトやパート以外にも、学生でも申込むことが可能というクレジットカードもあります。

    そうした審査の厳しくないカード会社を選択することも、審査を通るための秘訣と言えるのかもしれませんね。

  • クレジットカード会社リンク一覧 | iFinaces 専門家の金融ナビゲーション